性器から悪臭がする、もしくはかゆい、排尿時に痛みや違和感があるといった症状で最近の性行為について心当たりがある方は性病も疑うことが必要です。しかし性病というのは、恥ずかしいからといった理由で病院に行きたがらない人が大変多いです。特に女性は背徳感が強く出てしまい、症状が悪化しても病院に行かず後悔してしまうこともあります。性病による症状で一番恐れないといけないことは不妊になることです。また女性だけではなく男性も無精子症になることあります。後悔してもし切れないこともありますので注意してください。

自分がどのような症状を抱えてどんな性病になったのか、比較的容易に知ることができます。性病に関する一覧の情報が掲載されているサイトがあり、その一覧表から自分の症状と照らし合わせてみることで症状がわかります。ヘルペスやカンジタといった症状が掲載されていますので、その一覧表と照らし合わせて自分の性病を予想することができます。当然ですが、これで治療を開始できるわけではありませんので、しっかり病院に行くことが必要です。

ヘルペスは人から移されることもあり、カンジタはカビの一種であるカビにより引き起こされる症状です。ヘルペスは一度ウィルスを所有してしまうとそれを所持することになり、免疫が落ちたときに悪さをします。またカンジタも同じようなプロセスで症状を発します。ヘルペスは免疫が落ちないように、健康的な生活をすることが大切です。カンジタは清潔にすることで防ぐことができます。症状を引き起こしやすい人もいますので、その場合は対応することができる医薬品を常備しておくと良いでしょう。悪化することを防ぐことが求められます。